大阪のバーチャルオフィスの使い方について説明します

バーチャルオフィスとは、新規に事業を立ち上げる場合、ビジネス街の住所で会社登記をしたいとの要望に応える形でスタートしたサービスです。そのため、当初は、ワーキングスペース等はなく、郵便ボックスだけの簡素なものも少なくありませんでした。いずれは、大きなオフィスに移ることを前提にしているのであれば、簡素な設備でも問題ありませんでしたが、最近では、インターネットの発達により、大きなオフィスそのものを必要とせず、バーチャルオフィスを拠点とする会社が増えてきました。また、活動拠点は都市部だけれども、オフィスは郊外に設けている会社も増えてきたことから、徐々に利用方法が変わってきており、ユーザーのニーズも簡素な設備から、ワーキングスペースを備えた施設へと進化しています。

会社登記を目的とした使い方とは

大阪はキタとミナミを中心に、大企業の本社や支店、営業所が立ち並んでおり、ビジネス地域としてのネームバリューもあり、様々なビジネスの拠点ともなっています。また、大阪市の中心部は交通の利便性も高いことから、この地域にオフィスを持つことは、事業所としてのステータスにもつながりますから、会社登記を目的とした利用も多くあります。また、電話回線やFAXの開通・転送、郵便物の転送は基本的な機能として具備されていますが、最近では法人銀行口座の開設ができるよう、銀行を紹介してくれる運営会社もあります。さらには、社会保険や雇用保険の申請ができるよう保管場所を設けるなど、これまで指摘されてきたデメリットが解消されてきており、新規事業所を立ち上げるには最適な環境が整っています。

多様化するニーズに応えるバーチャルオフィスの展望

最近、大阪ではワーキングスペースとして利用する事業所も増えています。こういった事業所は、日頃は在宅で仕事をしていますが、定期的にミーティングを行ったり、共同で作業する場合、交通の利便性が高いオフィスを求めています。そこで、従来のサービスに簡易なワーキングスペースやミーティングルーム、ロッカーや簡単な食事ができるコミュニティルームを設置したものが誕生し、大きな反響を呼んでおり、その数を増やしています。このように、会社の形態が多様化することにより、オフィスの在り方や利用法も多様化します。バーチャルオフィスは新規事業所を立ち上げる際の登記のためにスタートしたサービスですが、今では様々な形態の会社に利用されており、また、そのニーズに応えるべく、日々、進化しています。